CMSタイミング調整はWebサイトリニューアル時がベスト

CMSを導入することによってWebサイトの運用に関わるコストを大幅に削減することができて、業務の効率化を図ることができるわけですが、特性を理解しないまま導入してしまいますとWeb管理者の負担が大きくなって、却ってコストがかかるということを招きかねません。ここでは導入するためのタイミングについて解説していきますので、自社に合った導入の仕方をしていくといいのではないでしょうか。

Webサイトリニューアル時に導入する

普通にWebサイトを制作している状態というのは、導入するのに適していないという風に言われています。なぜなら、ページ構造やサイト構造などが導入するのに適していない場合が多いからです。そこで導入するタイミングで適用しやすいようにページ構造やサイト構造をシステム化したりします。すべてをCMSに合わせたワークフローにしていくわけです。

一般的にWebサイトのリニューアル時には、ページデザインや掲載するコンテンツなどが変わったりします。ユーザーにとってわかりやすいデザインやユーザビリティなどの変更だけでなく、実際にWebサイトを管理をするやり方についても変わったりしますので、リニューアル時に変更をした方が導入しやすいという背景もあります。

段階的にCMSを導入する

Webサイトのリニューアル時に導入するということではなく、更新頻度が高いコンテンツから段階的にCMS化していくというやり方もあります。多くの場合は予算の制約があるからこういう風に段階的に導入せざるを得ないという事情があります。すべてのコンテンツをいきなりCMS化する必要はなく、こういう風に段階的に導入してもいいのです。

段階的に導入することで、早いタイミングでサイト更新をすることができたり、CMS化したワークフローの使い勝手などを確かめながら開発をすることが可能になります。一回導入したらその時の反省を活かして、スケジュールに合わせて順次コンテンツをCMS化していくわけです。

導入するタイミングとしてはWebサイトのリニューアル時が一番良かったりしますが、一気に導入するのではなく、段階的に導入するというような形も取れます。これは企業の事情によって変わってくるところです。