CMSの動的と性的の比較をしてみる

CMSの種類の一つとして静的CMSと動的CMSという分け方があります。前者はユーザーが閲覧するであろうWebページをあらかじめ生成されており、Webサーバーは生成されたHTMLや画像をそのまま返しているのに対して、後者はあらかじめWebページを生成するのではなく、リクエストが来た際にユーザーによって必要なデータを取ってきて、それを基にHTMLを生成してWebページとして表示しているのです。今回は静的CMSと動的CMSの相違点について解説していきますので、ぜひとも参考にしてみてください。

静的CMSは表示が早くカスタマイズ性が高い

静的CMSはCMSサーバーによってあらかじめ作られたHTMLや画像をWebサーバに転送し、それを表示することになりますので、レスポンスはすごく軽いということになります。わざわざユーザーからのリクエストによって表示内容を変更することが無いので、基本的に表示が早いです。代表例としてはMovableType、NORENなどの製品があります。

HTMLや画像については自由に変更することができるために、機能拡張に対しては柔軟にできます。しかし、ユーザーによって見せるページを変えたいという場合にはJavaScriptを使用するなどの工夫が必要になります。

動的CMSはリクエストの内容に応じて情報の出し入れがしやすい

動的CMSはCMSサーバーと連携をして表示をすることになりますので、リクエスト内容に応じて情報の切り分けをすることができます。そのためユーザーによって異なるページを表示させたり、検索内容によってページの情報を変えることが容易いです。実際にこういうことを実装しようとすると複雑な開発になるわけですが、動的CMSを利用することで簡単に実装することが可能です。

その代わり、サーバーに負担がかかってしまったり、カスタマイズ性に制限がかかることがあります。代表例としてはWordPress、HeartCoreなどの製品があります。

現在企業においてWebサイトを重要視していることもあり、CMSを導入しているところも多くあります。静的CMSにするか動的CMSにするかはどういうWebサイトを作るのかによって決まってきます。