CMSを導入するにあたってフリーに考えておきたいこと

企業においてWebページというのは欠かせなくなってきています。Webページをうまい具合に企業が活用していかなければいけない時代になってきています。

但しWebページを適切に管理しているというのはものすごく難しいことですし、意外とそこのところが悩みになってたりします。

それを解決する手段としてCMSと呼ばれるWebコンテンツ(文書データや画像データ、動画データ、音声データなど)をきちんと管理をするシステムがあります。

多くの企業でその導入が行われているわけですが、それをきちんと使いこなせているところが少ないのが現状です。そこで今回はそれを導入するに当たり企業がしっかりと考えておかなければいけないことについて解説していきます。

CMSとはWebページにおけるコンテンツの管理を行うシステムに当たります。それをわかりやすく言うと、Webサイトをきちんと更新したり管理したりするツールといった意味合いが強いです。ただ、このシステムが導入しやすいようにきちんとWebページを構成していかないと宝の持ち腐れになったりします。

最近のものになると非常に多機能になってきており、全くWebに関する知識がない人に取っては一体どういうことができるのかが分かりにくかったりもします。

どの製品のものであったも共通していえることは、Webページの専門知識が無くても、それを使っていけば簡単に運用できるようになっているということです。

いろいろな製品があり、いろいろな目的で使えるものから、特定の目的に特化したものまであります。そのため、製品を選んでいくに当たりまず考えてほしいことは、Webサイトで実現したいことや費用、スケジュール、将来的な拡張性などについてある程度明確にしていく必要が出てきます。

それが明らかになってみて初めて具体的な製品をどうするのかということが検討できるのです。費用という点から見て、オープンソースCMSか商用CMSかという選択もありますし、Webサーバーとの連携という点から見て、静的CMSか動的CMSという選択もありますし、配布方法という点から見て、パッケージ型を選ぶかASP型を選ぶかという選択もあります。

どういう風にWebサイトを構築して行ったらいいのかというと、あらかじめ内蔵してあるテンプレートというひな形にテキストや画像などを埋め込んでいきながら作っていきます。

上手い具合にテンプレートを効率よく使っていけばHTMLやCSSを知らなくても全然できます。1つのテンプレートにこだわることはなく、複数のてんふれーとの中から取捨選択しながら最終的に1つのテンプレートを作り上げていくということが重要になっていきます。

きちんとWebサイトの構築のために導入していくとなると、サイトリニューアル時に抜本的に導入していくか、少しずつ様子を見ながら徐々に導入していくかの2つに1つになってきます。それは企業ごとの事情によって決まります。

CMSを選ぶ時にあらかじめそれがどういうものなのかということを知っておくことと、Webサイトをどういう風に管理をしていくのかということを気をつけるべきです。企業の目的に応じたものを選んでいくことが大切になりますし、導入した時にも運用ができやすくなります。